訪問看護が求められる理由

訪問看護が求められる理由

訪問看護、これからもますます需要が高くなると思われます。
その理由は、これからますます高齢化社会が進み、高齢者が多くなるとどうしても病気にかかる可能性も高くなります。
入院や通院など、病院にお世話になることが多くなるでしょう。
では、患者の数をすべて受け入れられるほどに病院側のスタッフやベッドは十分なのでしょうか?
この点については誰もが知っているように、全く足りていません。
よく、看護師不足や医師不足と言われますが、その状況は都会でも地方でも変わりはありません。

 

このような日本の医療問題が、これからも訪問看護の重要性を高めてくれることは間違いありません。
今の病院は、ある程度回復すれば退院ということになるのがごく普通です。
本来ならもうちょっとしっかり治したいと思っていても、退院しなくてはなりません。
そのような人の中には、通院したいと持っていても足が悪い上にひとり暮らしだったり、家族がいてもそれぞれ仕事を持っていたりして手助けが得られなかったり…と様々な状況があるのです。

 

そのような場合に、こちらから家庭に出向くことで病院に行ったときのような看護が受けられるのが訪問看護であり、これからますますニーズが高まると予想されます。