精神科訪問看護

精神科訪問看護

あまり聞きなれないかもしれませんが。今は精神科の訪問看護というものがあります。
通院が難しい場合もありますが、精神状態によっては外に出られないという場合もあります。
また、生活全般が難しいなどなど…多くの理由により、通院が難しい患者さんがいるのです。

 

精神科訪問看護の場合は、看護師1名で伺うことは割と少ないかもしれません。
ソーシャルワーカー、病棟の看護師などで伺うこともあります。
子供の場合は、小児科と精神科の連携もあるようです。

 

最近では、子供の不登校も1クラス1名くらいいるのが普通だとか。
行事などでひょっこり顔を出すようなちょっとさぼりがちというわけではなく、入学してから1回も学校に行かないというようなことも珍しくありません。
彼らは、外に出ることがほとんどないので、通院するのは難しいのです。
子供の不登校に関する精神的なケアの話をしましたが、精神的な問題は中年、老人でもあるのです。
精神を患っている上に、からだも病気だということもあります。
訪問看護のおかげで少しづつ回復に向かっているという話もあります。
きっと、このような制度を利用したいと思っていても、知らなかったりどうやって利用すればいいのかわからなかったりする人もいるでしょう。
これから需要は増えると予想されます。
訪問看護の中でも、このような求人もあるんです。精神医療に興味のある場合は考えてみてもよさそうです。